超常現象記録-IM

前記: このページは財団が興味を引き、確保、収容する際にちょっと発生したおかしな出来事です。財団は証拠を市民から隠すために隠蔽チームを派遣しました。これは単にエージェントと研究員にすべて収容できるわけ無いと教えるためのものです。

注意: このページは日本支部の超常現象記録のパロディーです。日本支部の超常現象記録はこちらを、本家の超常現象記録はこちら(翻訳はこちら)をご覧ください。

 


概要紹介: 明らかに異常な視覚情報変化が発生し、疑似透過処理が発生。影響は1〜2プレイヤーに拡散し、2日で異常事態は収束しました。
発生日時: 2018年8月■■日〜2018年8月■■日
場所: IMServer スポーン地点■km圏内

追跡調査措置: この異常事態は発生後1日、Minecraftの再インストールで解消できることが判明しました。住民にはCクラス記憶処理が施され、「カバーストーリー : ビニールテープ祭り」がチャット欄にて流布されました。


概要紹介:ゲーム内のオブジェクトにもかかわらず、強烈な刺激臭を発生させる異常な物体がX:■■■ Z:-■■に出現しました。

発生日時:2018年9月上旬

場所:IMServer X:■■■ Z:-■■

追跡調査措置:周囲を岩盤で覆い、発見者にはAクラス記憶処理が施され、財団IMS支部によって1ヶ月の観察がなされました。


Footnotes

Notfound